エフラース・ブログ

東洋医療専門学校 鍼灸師学科でスポトレ講座に呼んで頂きました!


先ず始めに

ここでは、活動実績としてセミナー講師として呼んでいただいた東洋医療専門学校さんでの活動レポートを記載しております。

鍼灸師という資格を活かしながら、スポーツ現場で働くための位置づけで特別授業を展開されている東洋医療専門学校さん。

確かに、選手の訴える「痛み」に対して効果的に即効性を持って対処出来るのが「鍼灸」である事は、私も現場を通して感じております。そんな環境に鍼灸師の資格を持たない私を呼んで頂き感謝申し上げます。

2015年編

さて、先日は新大阪にあります東洋医療専門学校さんにお邪魔して
「スポトレ」講座のセミナー講師として講義させて頂きました!

実は以前の職場で一緒に働いておりました同僚が、
現在ここ東洋医療専門学校にて講師をされておりその縁で実現致しました

ただ、テーマは「肩のストレッチ」((笑))
膝専門で謳っておりますが、もともと野球トレーナー(高校・大学)をしており、
肩のストレッチ・コンディショニングはよくしていたんです!

人数は、10数名でしたが皆さん意欲的に取り組んでおり、私もついつい喋りすぎて
しまいました。

肩は筋肉量が下半身に比べて少ないため、繊細なタッチが必要です。そこは鍼灸学科の生徒の皆さん!鍼を打つような繊細な感覚でストレッチもしましょうと説明しながら実技を進めました!

あまり、このような実技は無いみたいで、試行錯誤しながらお互いに確かめ合い確認していました!!

この実技が、今後の臨床現場で役立つことを願っております!
また、違う場所で是非会いたいですね!

2016年編

5月3週目から6月中旬まで、5週にわたり
東洋医療専門学校の鍼灸師2年生を対象にスポトレ講座の前半を
担当させて頂きました!

昨年も、一度呼んで頂いたご縁で今年も講義させて頂きました。

特に今回は、足首捻挫後のリハビリというテーマを担当。

足関節のメディカルリハから競技に携わるアスレティックリハビリテーションまで幅広く講義させて頂きました。

足首にスポットを当てて活動している私としては不思議な縁を感じました。将来、今回の講義を持った学生と現場で会えるのを楽しみにしています。

今回も有難うございました!

最後に

このように、少しでもスポーツの現場で働くスタッフが増えることを願っております。東京オリンピック2020まであと少しです。ようやくスポーツ界への理解が広まった時代だからこそ、人財は必要です。

AIの進化のように、今後も様々な変化が起こってくると思います。そこに負けずスポーツ界で一際輝くトレーナーになって頂きたいと願っています。

最後に東洋医療専門学校の松本先生有難うございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

中地圭太(なかちけいた)

スポーツトレーナー
アメリカンハート協会認定インストラクター

これまで、社会人アメフト・社会人ラグビー・大学高校野球・アマチュアゴルファーのサポートを経験。 その中で、整形外科での勤務や専門学校で教鞭を取っていました。 また、自分が面白いと思うセミナーの企画・遂行や、店舗の運営・マネジメント経験もあります。

現在は「痛みを取る為のエクササイズという処方箋を出します」をテーマに、パーソナルトレーナーとして活動中。

人気記事ランキング

足首/膝のリハビリ専門
F-RATH(エフラース)
MAIL:seize-the-day@s8.dion.ne.jp

ご予約・お問い合わせは、メールで受け付けております。

病院の「お薬」や「リハビリ室」ではなく、自宅でできるエクササイズを通じて、普段の生活からリハビリをおこない、快適な生活をすごせるよう、お手伝いさせていただくパーソナルトレーナーです。

ツイッター